ご挨拶

理事長 山本昌代(声楽家)

 奈良県桜井市は日本の「まほろば」と言われるところです。

 「まほろば」とは「素晴らしい場所」「住みやすい場所」という意味を持ちます。

まほろば芸術ラボは、日本の「まほろば」である桜井市を本拠地に「芸術家の視点と芸術の力」によって「より良い未来社会の構築と発展」に資する案を研究、提言し、実行することを目的とした非営利型一般社団法人です。  

 元来、歌や踊り、また人の手によって作られた多くの供物は「民の繁栄と安寧」を願って人々が神に奉納してきたものでした。  

 現在、世界中では絶えることのない紛争、テロ、自然災害などで多くの命が失われ、また薄れていく人間関係の中で社会から孤立する人も増える一方のように思われます。  

 人が死に直面した時、芸術は一切れのパンにも、一掬いの水にも、一枚の毛布にもなりませんが、心の内に灯る小さな灯火として人に寄り添い、励ます力があると信じております。

 私たちはそういった芸術の力を欲する方々に欲する形で届けるため 現在、多種多様なワークショップやコンサート、シンポジウムを企画し、また「まほろば」の地、桜井市を中心とした音楽祭を開催しております。  

 私たちの活動趣旨に賛同くださる芸術家、そしてこれらの活動を応援くださる方々の入会を募っております。賛同くださる仲間が一人でも増え、世界にまほろばの地が広がっていきますよう祈念致しております。

副理事長 山口美樹子(ピアニスト)

 まほろば芸術ラボの役割は、芸術を鑑賞する人々と芸術家が出会うチャンスをつくることです。

 芸術は、いつの時代にも感動を与えてきました。人々が感動することは、心の結び付きを生みだし、そのことよって国境を超えて、世界が活性化されます。

 私たちは、芸術家が地域・教育・福祉などに関わりを持つ環境をつくり、社会に貢献いたします。

 「まほろば」の地から芸術家の感性が開き、活発な国際交流をつくってまいります。

皆さまのご賛同をお待ちしております。

© 2018 一般社団法人まほろば芸術ラボ

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now